2018年06月28日

アリさん

最近、本当に暑くなりましたね。


毎朝満員電車で通勤するので、この時期は本当にツライです。




いや、もっとツライのは





満員電車で汗だくの私の近くにいる人




かもしれません。



はい



吉田です。




そして、今はワールドカップも熱いですね!


ポーランドさんには是非勝って頂いて。


気持ちよく次のステージに進んでほしいものです。




さて




先日、大阪にて知り合いの引っ越しの手伝いをしてきました。


引っ越しって本当に大変ですよね。



私は今まで、2度ほど引っ越しを経験したのですが、

それほど量は無かったので、なんとか一人でやってきました。



それが今回の引っ越しは、某引っ越し業者さんを使うことになりました。




・・・(業者使うのに、僕の手伝い必要??)・・・





と思うかもしれませんが




というか僕は着いた瞬間にそう思いましたが




結果的に間違いなく必要でした。




はい




初めて引っ越し業者さんと一緒に引っ越し作業をしたのですが



正直


感動しました。




絶対に疲れた顔をしないし


壁とか家具を絶対に傷つけないし


引っ越し主からの要望にもホイホイ応えるし、応対が気持ちいい




やるじゃないですか。



「この人たちになら、お金を払いたい」


(といってもお手伝いの僕が払うわけではないのですが・・・)




でも本当にそう思いました。



そして




メインで引っ越しの指示出しをしたり、我々の応対をしてくれたお兄さん。




なかなかやるなと我々一同関心していたお兄さん





まさか




まさかの





アルバイト。




まさかでした。







・・・







これが一流か。


一流の会社か。




アルバイトでさえ、このクオリティ。

(「でさえ」という表現は失礼かもしれませんが、あえて使わせて頂きます)




圧倒的な社員教育のなせるワザ。


お客様の満足度をあげることを徹底している。




きっと





HPからの問合せの時も


契約内容の打合せの時も


家具を運んでいる時も


あらゆる場面で、徹底してるんだなと。





大手だからといって驕らない。


むしろ逆。


こういう形で刺激をうけるのは久しぶりでした。




こうなったら次回の引っ越しも間違いなくこの引っ越し業者にせざるを得ない。
(※タイトル参照)




我々も頑張ってお客様に付加価値を提供せねば。




それでは失礼します。
posted by hosoe at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする