2008年12月02日

景気後退が進行中 政府も初のマイナス予想!?

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

政界きっての税財政のプロであり、経済対策の旗振り役でもある与謝野馨経済財政担当相はさきごろ、2009年度の日本の経済成長率はマイナス成長になる可能性が高いという認識を示した。
政府は12月、2009年度の経済見通しを取りまとめる予定だが、政府見通しとしては初となる「マイナス予想」が現実のものとなる可能性が高まってきた。

内閣府が11月17日に発表した7〜9月期の国内総生産(GDP)では、物価変動を除いた実質ベースで前期(6〜9月期)比0.1%減、年率換算で0.4%減となっており、7年ぶりに2期連続のマイナス成長を記録した。

また、日銀は10月時点で、日本経済の実質成長率を2008年度は0.1%、2009年度は0.6%と予想したが、その後も経済は好転しておらず、2008年9月中間決算も業績は下方修正の嵐となった。内閣府の数字は景気後退の進行を裏付けたわけだ。

こうした状況も踏まえつつ、政府は経済見通しの取りまとめ作業に着手しているが、景気浮揚の責任を負う政府がマイナス成長を予想したことはいまだかつてない。
有効な政策を打ち出せないと自認することになるからだ。
そこで、政府は10月末に事業規模27兆円の追加経済対策を発表し、麻生太郎首相も景気対策を最優先する姿勢を強調。
今後もあらゆる手段を講じていくと宣言している。

そんななかで与謝野大臣が見せた「白旗」に、市場では真意をいぶかる声が広がっている。
posted by hosoe at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。