2009年04月03日

胃がん予防費用――ピロリ菌除去に控除は?

税理士 名古屋/税理士 細江 貴之

医師らで組織する日本ヘリコバクター学会はこのほど、胃に生息するピロリ菌の除去を行うことで、胃がんの発症率を3分の1以下に抑えることができるとし、ピロリ菌に感染したすべての人にその除去を勧める内容の指針を公表した。


胃がん予防に有効な「ピロリ菌除去」だが、費用は2万円〜4万円。
公的医療保険の対象となるのは、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の患者が治療として行うケースに限られる。

そうなると、医療費控除の対象になるのかが気になるところだ。
結論からいえばピロリ菌除去費用について医療費控除の適用はない
医療費控除の対象となるのは、「治療に直接必要な費用」であって、胃がんの予防を目的として行われるピロリ菌除去費用は、病気の治療に直接必要な医療行為ではないと考えられるためだ。

もっとも、同学会は、ピロリ菌に感染すること自体が「ヘリコバクター・ピロリ感染症」という病気である、との指針を公表している。
そのため、当局では「税務上も将来的に認められた場合は医療費控除の対象となるだろう」としている。


posted by hosoe at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。