2009年08月07日

民景気判断上方修正へ エコポイント・減税バネに

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

務省の全国財務局長会議が7月29日に開かれ、11地域の4〜6月期の管内経済情勢が報告された。
生産の持ち直しや、経済対策効果による消費の押し上げなどで、沖縄以外の10地域で1〜3月期に比べ景気判断を上方修正
全国の総括判断も前回の「悪化し、厳しさを増している」から、「厳しい状況にあるものの、一部に持ち直しや下げ止まりの動きがみられる」に上方修正した。
総括判断上方修正は2004年4月以来5年3カ月ぶり。

生産は、沖縄を除く10地域で上方修正された。
各局の企業に対するヒアリングでは、「4月までは在庫調整を行ったが、5月以降は休止日を設けず、日当たり生産台数も引き上げていく」(東海・自動車関連)、「中国の内需刺激策の効果から電機向けの需要が回復している」(関東・化学)などの声が出ている。個人消費は家電のエコポイント制度や、エコカー減税などの景気対策効果で、関東や東海など5地域で上方修正

ただ、「消費者の節約志向がさらに強まっており、客単価も低下」(北海道・スーパー)などの声も多く、6地域は判断を据え置き。雇用も依然として厳しい情勢が続いており、全地域で「厳しい」「悪化」などの判断を据え置いた。
各地域からは有効求人倍率がさらに低下し、新規求人数は減少しているとの現状が報告された。
posted by hosoe at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック