2010年04月20日

政府税調PT  NPO新税制の基本方針

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

特定非営利活動法人NPO)に対する寄付税制について、政府税制調査会の市民公益税制プロジェクトチーム(PT)は、基本方針をまとめた。
現行の所得控除に加え税額控除も認め、対象NPOの認定基準を緩和するのが柱。
近く政府税調に報告し、2011年度の税制改正を目指す。

現在の税制では、寄付金から2千円を超える額を課税所得から控除できるが、低所得者にもメリットが及ぶ税額控除を併用し、寄付文化のすそ野拡大を図る
どの程度まで税額控除を認めるかは、今後の税調の議論に委ねる。

PTでは7回にわたり有識者からのヒアリングを重ね、
渡辺周総務副相や峰崎直樹財務副相らを中心に議論を続けてきた。
全額税額控除の是非については、「全額だと丸ごと寄付になる。果たしてこれが税制といえるのか」(渡辺総務副相)などと、PTではネガティブな意見が大勢だった。

ただ、鳩山由紀夫首相が、「新しい公共」円卓会議で全額控除に前向きな発言をし、PTに対しては、取りまとめ作業の1カ月前倒しを指示するなど、意欲的な姿勢を貫いている。
「PTメンバーは税調メンバー。ここでの議論がほぼ反映される」(政務三役)との思いをよそに、年末までに結論がひっくり返る可能性もある。
posted by hosoe at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 税金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック