2010年10月12日

自然を感じ、歴史を感じて

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

今日は、世界の色々な国で、色々な名称で、呼ばれている日なのです。

その理由は、1492年10月12日のこの日、サンタマリア号で航海していたクリストファー・コロンブス(クリストバル・コロン)が率いるスペイン船隊が新大陸アメリカ(サンサルヴァドル島)に到達したことからきています。

では、なんと呼ばれているのでしょう?

アメリカ大陸の各国=アメリカ合衆国、アルゼンチン、チリなどでは、
コロンブス・デー、ディスカバリー・デー、大陸発見記念日、新大陸発見の日。
スペインでは、イスパニアの日。
他にも、民族の日などがあります。

ちなみに、日本では、たまごデー。
これは、“コロンブス”と言えば、“卵を潰して立てた”という有名な話から、
いつしか『たまごデー』と呼ぶようになったそうです。

同じ日でも、色々なとらえ方をすることが出来るのだなぁと感じました。

さて、10月のテーマ「海外旅行について」の3分間スピーチ(税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所の朝礼スピーチ)のご紹介です。


今まで、海外旅行は、2回しか経験がありません。
1回目が、新婚旅行でオーストラリアに。
2回目が、主人の両親と一緒にハワイ。

1回目の旅行先を決めるにあたり、色々候補があったのですが、
最終的に二人が行きたいエアーズロックのあるオーストラリアとなりました。

エアーズロックは、何もない草原地帯に、大きな岩が存在しています。
その上から、眺めた景色は、360度自然のみ。地平線があり、自然の大きさを感じました。
また、そのような場所にあることから、
真っ暗な夜、空を見上げると、これほどの星があるのかと驚き、こんな自然の中で、生かされているんだと思いました。

2回目の旅行先は、日本語が通じ、行きやすい場所を選びました。
また、両親が、戦争・戦後の体験者の為、海外に行ったのですが、
パールハーバー等や、移動中に、そのような話を聞くこともでき、思い出深い旅行になりました。

そして、このような旅行もいいものだと思いました。

posted by hosoe at 13:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。