2010年10月25日

乗り物に嫌われて……

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

海外旅行がテーマになっているためか、ついつい、飛行機関連のことに目がいってしまいます。
今日、目にとまったのは……民間航空記念日!!

1951年(昭和26年)のこの日、戦後最初の国内民間航空会社として設立された日本航空が、東京 → 大阪 → 福岡間の運行を開始したそうです。

一番機は、「もく星号」。
ノースウエスト航空による委託運行のため、なんとクルーはすべて外国人だったそうです。
ちなみに、乗客は36名とか。

それでは、10月のテーマ「海外旅行について」の3分間スピーチ(税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所の朝礼スピーチ)のご紹介です。


海外旅行について」と言うことなんですが……
僕の場合、新婚旅行で行ったフィジーしかないです。

ただ、その旅行も、交通運が非常に悪い旅行だったのを覚えております。

非常に交通運がわるかったですけども、面白い楽しい旅行でした。

まず、行きの飛行機ですけれども、整備不良って言うことで、飛ばなくなってしまいました。
僕は、飛行機にあんまり詳しくないんで、よくわかんないんですが、
「整備不良??」「なんで??」「どんなに危ない飛行機なんだろう」とか
色々なことを思いながら、次の日に乗って行った記憶があります。

今、思い出すと、ちょうど、その日、ワールドカップがやっておりまして、
ジーコ監督の日本対オーストラリア、
1対3で、ボロ負けした試合を夜な夜な見る羽目になって
寝不足で、フラストレーションたっぷりで、フィジーに行ったことを今も覚えております。

フィジーに行ってからは、離島の方で滞在したんですけども、
その離島の方に行く船もですねぇ……
途中でサンゴの上に座礁してしまいまして、救助の船を待って、なんとか、助かったと。
もう少しで、タイタニックになりそうで、永遠の愛をあの海の上で誓うことになるのかなぁと
思っておりました。

帰りの飛行機についてもですねぇ。

今度、フライトキャンセルっていうふうになってしまいまして、
飛行機会社の方の日程変更っていうことでキャンセル……
そんなこともあるんだなぁっていうことで、今度は、違う国を経由して、なんとか帰ってこれたと。

そういう訳ではないんですが、
僕は、海外旅行に特別行きたいと思わないし、高いし、日程組んだりするのもめんどくさいしって言うことで、
嫁さんから言われたとしても「忙しいよ」とか、軽くあしらってきたんですが、
ついに、最近、自分の友達と、バリに行ってしまいました。

これは、せっかくお金出すんだったら、自分も行きたいなぁと思うのと、
あと……ちょっと危機感を感じております




posted by hosoe at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。