2010年10月27日

実際に体感するが一番!!

税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所

「秋深し 隣は 何をする人ぞ」 松尾芭蕉
と詠まれているように、秋が深まり、寂しさや寒さを感じるようになってくると、人とは不思議なもので、人恋しくなったりします。
そんな中、秋の夜長に読書を楽しもうということなのか、本日27日より、読書週間が始まりました。
ちなみに、11月9日までです。

私も、本は大好きです。
読み出したらとまらず、徹夜して読むこともしばしば。
なので、本屋さんや図書館に、よく足を運びます。
気に入った本は、買って手元に置き、時間を見つけては、その時の気分にあった本を読み返しています。
本の匂いや、ページをめくる感覚、重みも大好きですね。
なんですが、難点は、収納……ってことで、最近は図書館を利用することが多くなってしまいました。

そんな中、ニュースで、自分が購入した本の背表紙を裁断し、スキャンし、電子化する会社があると。
結構、利用者も多く、段ボール箱で何十冊と送られてくることも多いそうです。
もちろん、電子化したものは、他人に売ることも渡すこともできません。利用は、自分のみとのことでした。

電子書籍の分野も広がってきている中、収納や持ち運びを考えると、現代の生活には必要なことなのかもしれませんが……
本離れが進んでいる中、より拍車がかかりそうで、ちょっと寂しさを感じてしまいました。

それでは、10月のテーマ「海外旅行について」の3分間スピーチ(税理士 名古屋/名古屋市の税理士 細江会計事務所の朝礼スピーチ)のご紹介です。


海外旅行には、過去三回行ったことがあります。

一度目が中国に行きました。
これは、瀬戸市が、中国の景徳鎮と友好姉妹都市ということもあり、国際交流を兼ねて行きました。
二度目が、大学の卒業旅行で、タイに行きました。
最後は、香港とマカオに行きました。

中国に行ったのは……
今から10年以上前で、景徳鎮は、中国では地方の方ということで、びっくりすることも多数ありました。
 
まず、トイレを利用しようとしたら、ドアがありませんでした。
結局、有料のトイレを利用しましたが、当時、すごい衝撃を受けたのを覚えています。
他にも、現地の市場に行ったら、あまりの強烈な臭いに気分が悪くなったこともありました。

海外に行くといろいろな経験ができますし、
何より『百聞は一見に如かず』といいますので、今後も、機会があれば、どんどん行ってみたいと思います。




posted by hosoe at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。