2020年07月12日

「新型コロナウイルス感染症対策」特集第10弾

皆様こんにちは。

名古屋総合税理士法人 代表の細江です。

新型コロナウイルス感染症による影響を受けている方々に、新型コロナウイルス感染症に関連して各行政機関から出されている、最新の施策の情報をお届けするための、「新型コロナウイルス感染症対策」特集第10弾です。もう10弾になるんですね。新型コロナとの戦いはまだまだ続きそうです。このブログの情報が、少しでも皆様のお役に立てると嬉しいです。


■7/11経済産業省より、家賃支援給付金の申請様式集が公表されました。
公表されたのは、誓約書及び賃貸借契約書が存在しない場合等に使用する下記書類です。
・支払実績証明書
・賃貸借契約等証明書
・支払免除等証明書
家賃支援給付金は、7/14(火)申請開始予定です。早目の準備がお勧めです。
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html


■経産省のパンフレット「新型コロナウイルス感染症で 影響を受ける事業者の皆様へ」の7/10時点版が公表されました。
更新内容は、新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の郵送受付開始と、家賃支援給付金の申請要領の公表です。
お客様へ、新型コロナウイルス感染症対策資金繰り支援制度の説明をする際には、とても使いやすいと思います。お客様へ情報提供をますます強化しましょう!
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf


■7/7経済産業省より、売上高が50%以上減少した企業のテナント家賃が1/3〜2/3補助(6ヶ月分・最大600万円)される制度である、家賃支援給付金の申請要領が交付されました。
これにより、手続き内容や、受給要件の詳細が明らかになりました。
貸主が親子等一親等以内の場合や、代表取締役や大株主、親子会社である場合は、残念ながら給付金の対象外となります。その他、持続化給付金とほぼ同様に、創業特例等の特例も設けられています。
申請方法は、持続化給付金と同様に、原則としてオンライン申請です。
申請受付は、7/14開始予定となっています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/yachin-kyufu/index.html

■経産省のパンフレット「新型コロナウイルス感染症で 影響を受ける事業者の皆様へ」の7/3時点版が公表されました。
更新内容は、持続化給付金の支給対象が@主たる収入を雑所得・給与所得とする個人事業主(フリーランスなど)、A2020年1〜3月に開業した事業者にも拡大され、6/29より申請受付が開始された点、などです。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

今後も、「新型コロナウイルス感染症対策」特集を続けていきます。

絶対に、諦めずに、今できることに集中し、新型コロナウイルス感染症打ち勝ちましょう!

【ツイッターやってます!】
Twitterで最新の新型コロナ関連の支援施策の情報を発信しています。
是非チェックしてください!
○アカウント名:名古屋総合税理士法人 細江貴之
○ユーザー名:@hosoe_tax
○URL:https://twitter.com/hosoe_tax
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: