2020年08月09日

「新型コロナウイルス感染症対策」特集第11弾

皆様こんにちは。

名古屋総合税理士法人 代表の細江です。

新型コロナウイルス感染症による影響を受けている方々に、新型コロナウイルス感染症に関連して各行政機関から出されている、最新の施策の情報をお届けするための、「新型コロナウイルス感染症対策」特集第11弾です。前回の記事更新から1か月近く間が空きました。理由は、公的な新型コロナ支援策を出尽くしてきた感があり、公的機関からの新しい情報が少なくなってきたため、更新が遅くなっております。
このブログの情報が、少しでも皆様のお役に立てると嬉しいです。


■経産省のパンフレット「新型コロナウイルス感染症で 影響を受ける事業者の皆様へ」の8/7時点版が公表されました。
これにより、実質無利子の制度である、特別利子補給制度度の申請書が、8月下旬以降、順次、貸付を行った金融機関等から交付・郵送されることが明らかになりました。
また、8/3より日本公庫及び商工中金の資本制劣後ローンが、制度開始されるという情報も掲載されています。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf


■東海市では、国の家賃支援給付金の支給を受けた事業者を対象に、市が独自で給付金を上乗せして給付する制度が公表されています。
東海市に本店がある企業が対象で、給付額は支払家賃の1/6×6か月分(上限:法人75万円・個人37.5万円)です。
申請期間は令和2年8月3日(月)から令和3年2月15日(月)までとなっています。
詳細は下記リンクよりホームページにてご確認ください。
http://www.city.tokai.aichi.jp/item/44554.htm#ContentPane


■8/1愛知県より、新型コロナウイルス感染症第2波到来を受け、栄・錦エリアに立地するキャバレー・居酒屋等に対する営業時間短縮等の要請と愛知県感染防止対策協力金を給付することが発表されました。
 同協力金は、愛知県名古屋市錦三丁目・栄三丁目1番〜15番・栄四丁目に所在する接待を伴う飲食店・酒類を提供する飲食店が、営業時間短縮(5時〜20時)をし、さらに、業種別ガイドラインを遵守し、県の「安全・安心宣言施設」に登録しPRステッカーとポスターを掲示している場合、運営する法人・個人がもらえます。
支給申請の対象期間は、8/5〜8/24の20日間です。
支給額は1事業者1万円/日 最大20万円となる見込みです。
https://www.pref.aichi.jp/site/covid19-aichi/covid19-kyouryokuyousei0801.html


■7/10「愛知県新型コロナウイルス感染症対策新サービス創出支援事業費補助金」の公募が開始されました。この補助金は、愛知県内において実施する、感染症対策のための新サービス・新製品(商品)の開発及び既存のものを含むサービス・製品(商品)の販路拡大に係る事業が対象です。具体的には、フェイスシールドやアクリル板の開発・販路拡大等が対象になります。詳しくは、下記URL内【公募要領】2頁「3.補助対象事業」をご覧ください。補助率は3/4以内で、最大500万円(下限75万円)が補助されます。公募期間は8/14(金)となっています。
https://www.pref.aichi.jp/site/hosei-hojo/


今後も、「新型コロナウイルス感染症対策」特集を続けていきます。

絶対に、諦めずに、今できることに集中し、新型コロナウイルス感染症打ち勝ちましょう!

【YouTube始めました!】
YouTubeで最新の新型コロナ関連の支援施策の情報を発信を始めました。
是非ご視聴の上、チャンネル登録をよろしくお願いいたします!
○チャンネル名:名古屋総合税理士法人ch

【ツイッターやってます!】
Twitterで最新の新型コロナ関連の支援施策の情報を発信しています。
是非チェックしてください!
○アカウント名:名古屋総合税理士法人 細江貴之
○ユーザー名:@hosoe_tax
○URL:https://twitter.com/hosoe_tax
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: